欲しい書籍をネットで見つけよう!

苦手だったはずの書籍と活字中毒の今

小さい頃は、書籍とは無縁といっていいほどの私でしたが、大人になってから活字中毒かと思うほど、書籍を読む様になりました。この変化には、周りはもちろん、私自身も随分と驚かされたものです。改めて考えると、きっかけは何だったのだろう?と今でも分かりませんが、良い変化だということは、間違いないと感じます。そもそも、幼少のころは、画がついている漫画のようなものは大好きでしたが、普通の挿絵もない書籍には、手も出しませんでした。どうしても読まなければいけないという状況でも、1ページ目で拒否反応が出るほどだったのです。

それが、今ではすっかり平気になったばかりか、面白いと思うほどです。面白いと聞いたり、評判になった書籍はチェックしますし、ふと目に入ったものや気になったものを手に取ってみたり、自発的に書籍を読むことが日常化していると言って良いほどです。それに、暫くの間、書籍を読んでいないと、どこかムズムズするというか、活字が足りない様で、物足りなく感じてしまうほどです。最近では、小さい頃に読んでいなかった分の埋め合わせで、書籍と言うか、文字への渇望が促されているのかもしれないと考えている私です。何はともあれ、良い傾向だと個人的には満足しています。