欲しい書籍をネットで見つけよう!

大きい本屋での書籍の選び方

新刊書籍が山のように積まれ、本棚の上には大きくジャンルを示す看板が釣り下がり、その看板が一番遠くのものは遠すぎてかすむぐらいの店舗の広さで、ゆったり腰かけて本を読めるスペースも併設されている本屋をたまに見かけます。こういった本屋では、いくら書籍を眺めていても飽きない気がします。そのスペース全体が人類が生み出した「知」の偉大さを教えてくれる気がし、その断片としての一冊一冊の本が「読んで」と声をかけてくるような錯覚を覚えます。

そういった本屋であれば、お目当ての本を探すというより、本屋を漂流していい本に偶然出会う、という本の選び方がお勧めです。ネットであればお目当ての本を探し出すのは難しくありませんが、リアルの世界の本屋で本を探す非効率さは、逆に偶然の出会いの確率を上げてくれるといういい作用もあるのです。

そうすることによって、知らず知らずの間に偏った分野の本を読んでいるかを痛感することもあります。ですから、本屋に行った時は、できるだけほぼすべてのジャンルを眺めるように一周することが大事です。その結果、自分も知らなかった自分の新しいお気に入りの世界が見つかるかもしれません。大きな本屋ではそのような本の探し方がお勧めです。