欲しい書籍をネットで見つけよう!

電子書籍や本を目的で使い分けて読もう

一時期活字離れが問題となりましたが、今では電子書籍もあり、本屋に行かなくてもダウンロードできて、スマホやタブレットで気軽に読むことができます。重たいハードカバーを持ち歩く必要もなく、読んだ後に本棚などの収納場所を用意する必要もありません。小説などは特に一度読んだら読み返す人は少ないので、リサイクルショップなどに持ち込んだり、整理する手間もありません。

ですが、スマホやタブレットを使用しない人や、パソコンの画面を見るのが目に負担がかかる方もおられますので、従来の本を好まれる方もいます。本には内容だけでなく、装丁やカバーなどデザインにも魅力があるものです。ジャケ買いならぬ、装丁買いをしたいほど、お洒落な本もあります。

本でしたら、図書館でも借りることができますし、話題の本などいち早く読みたい場合は、書店で購入して、急がないものや、一応目を通しておきたい程度のものは借りたり、使いわけることができます。気になる本を全部購入していたら、本棚などの管理が大変ですし、処分したり整理が大変です。しかも古本を売る時は新しいものは買い取ってもらえますが、出版年が古いと値段もつかないことが多いです。自分の目的に応じて、電子書籍や本の購入、図書館の利用をうまく使いわけましょう。