欲しい書籍をネットで見つけよう!

書籍においては推理小説を読む

物語においてはストーリーが存在します。最初はきっかけがあり、それがどんどん展開して結末に向かっていきます。この時には自分自身もどのように展開するのか想像しながらになります。そして最終的に終わるとき、予想通りになることもあれば、どんでん返しになるようなこともあります。どちらにおいても楽しく読むことができます。予想通りの場合は、自分自身の想像力が豊かなことを自慢気にすることができます。どんでん返しの時はこのような展開もあるのかと感心をします。

途中で展開を読むときにより頭を働かせる必要がある書籍としては推理小説があります。最初の方に何らかのトラブルが発生します。それに対する容疑者などがどんどん登場してきて、誰が真犯人なのかが追求されます。それぞれにおいてアリバイであったり、動機などがでていてそれから類推をしていくのです。沢山の容疑者がいる場合は想像も難しくなるのですが、少ない場合であれば展開も読みやすくなります。想像通りの展開になりやすいです。

推理小説を読んでいると、自分でも推理小説を書いてみたくなります。どういった話にしようか、どのように動機がわかるようにしようかと考えるのが楽しいです。でも実際に文章にすることはできません。読むほうが楽しめます。

お勧め情報