欲しい書籍をネットで見つけよう!

書籍を読む時間を確保する

書籍を読むことは、そこに書いてある知識を吸収することもできますし、頭を活性化しアイデアを生み出すきかっけにもなります。本を読むといろいろといいことがあるというのは誰でも知っていることかもしれません。しかし、実際に本をよく読んでいる人となるとぐって減ってしまうのはなぜでしょう。それは、本を読むために時間を生み出すことができていないからです。

一般的な生活をしている人にとって、今から本を読むぞと決めて1時間や2時間の時間を確保できる人は少ないでしょう。たまにそういう時間はあったとして、毎日は無理だという方がほとんどのはずです。連続してまとまった書籍を読むための時間を確保できないということであれば、細切れ時間をうまく活用する以外に本のための時間を作る方法はありません。

細切れ時間というとイメージが悪いですが、通勤電車の中、夕食を作る工程で煮物が煮えるのを待っている時間、洗濯機が回って洗濯が終わるのを待っている時間、お風呂に入っている時間など考えればいくらでもでてきます。ポイントは、この細切れ時間を間をあけないで見つけ続けていく、ということです。あまり間隔があきすぎると本の話の流れを完全に忘れてしまい楽しめなくなってしまう点は注意が必要です。