欲しい書籍をネットで見つけよう!

電子書籍の盲点を知る

電子書籍の普及が加速しそうな勢いです。紙媒体に比較して持ち運びが簡単で収納スペースも必要ないという利点が理解されはじめ、リーダーと呼ばれるものの機能の向上もめざましく、普及が進んでいます。また、電子書籍そのものの値段も低下傾向にあり、その普及に拍車がかかっています。さらに著作権の制約が改善していけば爆発的に拡大する可能性があります。スマホでもパソコンでもタブレットでもデバイスを選ばずいろいろな種類の本が楽しめる状況になるのは本好きの人にとっては願ってもないことで、今後もどんどん電子書籍が普及していってほしいものです。

しかしその電子書籍ですが、盲点もあります。購入後ダウンロードした書籍は、自分のもので自由にできる、つまり所有権があると考えがちですが、通常は違うケースがほとんどです。サービスが停止されれば読むことができなくなったりしますし、売却することも許されていません。読む権利を買っていただけなのです。この点をよく理解し、リスクがあることをわかって活用することが大事です。そういった意味で、本の大事さなどを考慮して、紙媒体としての書籍を購入する場合と、電子書籍を購入する場合とに使い分けていくこともいい方法だと思います。

お勧め情報