欲しい書籍をネットで見つけよう!

書籍は文化であり、文明を育む証拠でもあります。

書籍は文化であり、文明を育む証拠でもあります。書籍は、学術研究書を交えて書物であり書籍ですから。書籍と言う刊行物はいままでに多く存在してきました。現在は、インターネットの手伝いもあり、書物の評価は多種多様なるカオス的評価になっているかもしれません。評価基準は、好きか嫌いかだけで商業マーケットを操作するには、困難なる事象はよくあります。書籍は出版物であり、自分の手で購入し熟読する印刷物です。しかし本は過重に多ければ、ゴミにして捨てる残酷なる行動を人間は起こすものです。それは作者の魂の根源に由来する美徳と感じるか、印刷物として不要ならゴミ処理に任せるか「という考え方は逆説でもあり、環境問題そのものに繋がる「紙媒体と印刷物」という思考回路が働く人たちは存在するでしょう。

書籍の面白いところは、いくら学術研究書であろうが、古典であろうが絶版されたら終わりです。そうなると印刷屋は商売上ったりで、ビジネスも商売もできず「メシが食えない状態」になります。二次マーケットは「古書」ですから、まだ、貴重な書籍が残っているかもしれませんが、貴重だから値段が高くついています。おかしな話で、普及したら安くなり、売れなかったら絶版し、絶版本は希少価値を獲得できるということです。経済社会は、矛盾だらけで極めて怪しい学問ということはできますが、そんなふうになっている実情です。書籍は、いくら作者や編集者が苦悩しても、読んでもらわなければ、普及できない内容を持つものです。よく入魂という精神的言葉はありますが、一般人心にわかってくれなかったという悲劇を作者側は持つものです。売れたら、生業にもなりますが、打算的観念で執筆しないように務める作者たちも存在します。書籍の世界は、多種多様だから許容されるべき表現の自由です。評論と書評及び批判は受け入れてしまう過酷な精神労働でもあります。言語は責任を負うべきで、同時に無責任にも逃亡します。しかし、書籍は一冊だけを世に問うべきものではなく、作者の言論は人生になる芸術性に向かうべきものだから、苦悩する瞬間はあって然るべきです。