欲しい書籍をネットで見つけよう!

書籍の魅力と期待と考え方

書籍と言っても色々なものがあり、都会の大きな書店に行くとわかりますが、書籍の分野によって、階が分かれていたりして、ひとつの階でもコーナーがいくつも分かれています。それがたくさんの階になっていたりしますので、どれほどの本があるのかわからないほどですが、その中の一冊の書籍を探して購入するということが、書店巡りの楽しみでもあります。また一冊の本は作者がいて、その作者が一冊の本を書いていることもあれば、何人かで分担して書いていることもありますが、その作者の考え方の本ということも言えます。そこにその作者の今までの人生や知恵というものが現れてくるとううことで、それを知るために書籍を購入するようなものですが、意外な知識などや考え方が理解できるので面白いということでもあります。

もうひとつは、その知識や考え方に刺激されて、自分の今までの考え方や知識が拡大していく、あるいは脱皮していく過程を味わえるということで、象徴的な言葉では、目からウロコが落ちるという言葉で表すことができます。そのような体験ができるのが書籍ということになります。ですからその書籍を盲目的に信じるということではなくて、その書籍を踏み台にするという方が、真実に近いということではないかと思います。そのような楽しみもあるのが書籍ということになります。

お勧め情報